癌専門動物病院 | 求人情報

検診時間

9:00AM〜1:00PM

休診日

火・水・木


癌と闘っています

早期発見・早期治療の為の検診

普段からスキンシップを頻繁に取り、身体を隅々まで触ってあげてください。

 長毛の動物は、毛玉を作らないようにして皮膚に直接触れられる様、まめにケアしてください。 ブラッシングが上手くかけられない場合は、短くトリミングをするなどして直接皮膚を触れるようにするのが理想的です。

最低年に1回以上の癌検診(1日ドック)を受けてください。

癌にかかった経験がない場合でも、7才以上は年に2回以上、もし悪性の癌手術を受けた経験がある場合は3ヶ月〜半年おきに受けてください。ただし、癌の種類によっても異なりますので、獣医師にご相談下さい。。

以上の2点に注意して、早期発見に努めてください。
また国際動物癌学会では、以下の10項目を提唱しておりますので、1つでも当てはまれば直ぐに病院へ連れて来て下さい。

― 早期発見の10項目 −

* 異常な腫れ、消失しないものや大きくなり続けるもの
* 身体の開口部からの出血や分泌物
* 飲んだり食べたりしずらい様子、飲み込みにくい様子
* 運動をしたがらない様子、持久力の低下
* 治らない腫れ
* 食欲不振
* 理由の判らない体重減少
* 不快な臭い
* 持続的なびっこ、歩行異常
* 呼吸・排尿・排便の異常

癌患者の栄養管理について<< >>癌検診