癌専門動物病院 | 求人情報

検診時間

9:00AM〜1:00PM

休診日

火・水・木


癌と闘っています

癌患者の栄養管理

最近の研究から癌患者は、健康な動物と代謝が異なっている事が分かっています。正しい食事管理(栄養管理)を行う事で治療に対する反応も向上し、快適なクオリティライフをおくることが出来ます。

炭水化物

 癌細胞は、炭水化物をえさにして成長します。そしてそれを分解し、乳酸を産生します。その為、動物が乳酸をブドウ糖に変換する為に無駄なエネルギーを使わなくてはいけなくなります。その為、炭水化物の少ない食事が適しています。

蛋白質

 癌では体の筋肉量、及び骨格蛋白質合成が減少します。癌が成長する為にアミノ酸を選択的に消費しますので、動物の体内(肝臓貯蔵蛋白、全身蛋白質)の蛋白質を奪ってしまいます。この為、免疫反応、消化管機能、治癒能力などといった身体機能の多くに変化が起こってきます。こうならない為には高品質で量の多い蛋白質を与えることが重要になります。

脂肪

癌では、脂質代謝の異常も起こります。脂質生成の減少と脂肪分解の増加によって脂肪の減少が起こってきます。極端な脂肪の低下は免疫抑制が起こり生存期間の短縮に結びつきます。脂肪代謝の異常は、食事療法で改善出来ます。蛋白質や炭水化物と異なり、癌細胞は、エネルギーとして脂肪を利用する事が出来ま せん。動物にとっては有効なカロリー源となりますので、高脂肪食は癌患者にとって優れた栄養源です。

オメガ3脂肪酸・アルギニン

治療中の癌患者にとって、生存期間を延長して快適なクオリティライフをおくる事が出来ます。

結 論

以上の栄養水準を満たす事が出来るのが、ヒルズ社から発売されている商品の犬用は "n/d" 、猫用は "a/d" です。 この様な正しいお食事を与えていただくことにより、生存期間の延長や、気分の良い質の高い生活を過ごす事が出来ます。

癌治療について<< >>早期発見/治療の為の検診